やっと3連休が終わって仕事がお休みになったので、今日は瀬戸内国際芸術祭2016の会場の一つ、沙弥島へ行ってきました。
ここ沙弥島は瀬戸芸の中でも春会期だけの会場なので行くならいまです d(・∀・ )
場所は中心港となる高松港からだとJRで坂出駅まで行ってそこからバスに乗り換えて行かないといけませんが、瀬戸芸期間中はシャトルバスも出ているのでそれほど不便ではありません。
 
イメージ 1
 
SETOUCHI TRIENNAL 2016 SHAMIJIMA MAP
沙弥島は「島」ですが、坂出の番の州から陸続きとなっており、マイカーで訪れることも可能です。
ちょうど近くに瀬戸大橋タワーや瀬戸大橋記念公園もあるので、ピクニック感覚で行くのも楽しそうですね♪
 
イメージ 2
 
駐車場からすぐに見えるのはなにやら変な動く木。
ハリーポッターに出てくる怪物のような木に見えなくもありません。
「Rippled Sky for Hitomaro」ということです。
 
島の入口?にあたる場所では会場のパンフレットも配布されていました。
 
イメージ 3
 
こちらは香川県立東山魁夷せとうち美術館。
沙弥島に行く道沿いにあります。
 
イメージ 4
 
「階層・地層・層」の頂上から見た沙弥島。
前回の瀬戸内国際芸術祭では休日に行ったので人が多くて登れませんでしたが、今日は3連休あとの休日ともあって簡単に登ることができました♪
 
イメージ 5
 
そして食堂にもなっている沙弥島・西ノ浜の家の正面にある「そらあみ」
横から見ると綺麗です♪
 
ここから沙弥島の北へ向かって歩くとまだまだ魅力的な作品がありますが、それは皆さん行ってみてのお楽しみです。
ぜひうどん県それだけじゃない香川県へ(・∀・)