お盆を直撃した台風10号のせいで、せっかくの休みも台無しという方も多いのではないでしょうか。
愛媛県の南予では台風の目が真上を通過した関係か、ほぼ無風で雨も午後からパラパラとしか降らず、曇っているだけなのにJRが走っていない=撮影に行けないという状況でした。
というわけで台風が通過して一気に猛暑となった週末に、残り少なくなった伊予鉄の旧塗装を撮影しに行くことに。

すでに700系や610系は新塗装のオレンジ1色に変わってしまい、残る旧塗装の車両は元京王電鉄3000系の伊予鉄道3000系の一部の編成だけになってしまいました。

DSC_0089

伊予鉄道郡中線鎌田駅-岡田駅にて。
動画はこちら↓↓
郡中線を行く旧塗装の元京王3000系(YouTube)

真夏の青空の下をステンレスボディの3000系が走ります。
この姿もあと数か月で終わりと思うと寂しいですね。
なぜステンレスをオレンジにする必要があるのか…。


CSC_0087

3000系の登場ですっかり運用が減ってしまった伊予鉄道700系。
琴電では1100形と名乗る京王5000系。あちらではハズレ扱いされる車両ですが、伊予鉄ではこれが来ると当たりです(;´∀`)
こちらもあっという間に塗装変更が進み、旧塗装を全車撮影する前にオレンジに変わってしまいました。
まぁ個人的に3000系のオレンジに比べるとしっくりきているので良しとしますが。

鉄コレも旧塗装しか持っていないので、オレンジも購入せねば。

鉄道図鑑とNゲージの梶尾鉄道へ